現状のお悩み

小さなお子さん2人を子育て中のママさんからのご依頼。

ご主人は、平日遅く、休日は予定が多くてなかなか家でじっくり片づけを一緒にできないとのことです。
目が離せない小さなお子さんがいるので、自分1人でも大掛かりにお家の中の片づけができないのがお悩みでありました。

 

BEFORE

2人目のお子さんが生まれてから、どんどん増えるモノに対して、モノを整理する時間もなく、モノがどんどん積み上がってしまい、あちこちにモノが分散しているのがとっても気になり不便であるとのことでした。

IMG_3802_s

IMG_3721_s

おもちゃが高い位置にあって、子どもがここで遊ぶのはとても危険です。

そして、もうひとつのお悩みは、ご主人のモノが大量にあるということです。

押入

押入の中は、ほとんどモノを処分せずにさらに買い足しているというご主人のモノが占領しています。

天袋

押入の中は、奥様のモノから季節家電などなどとりあえずで詰め込んでいる状態です。

IMG_3728_s

モノの区別

ご主人のモノは勝手に処分できませんので、まとめておくことにしました。

ひとつの部屋にご主人のモノを全部集めました。こうすることにより、ご本人がどれだけのモノを持っているかというのを目で見て把握できます。

奥様のモノと子供さんのモノをそれぞれにまとめて、要るモノと要らないモノを区別して頂きました。

まとめたり、区別したりすることがとても重要です。

AFTER

子育て中のママさんが、お出かけする時どこに荷物があったらいいか、帰ってきたときにどこにどう荷物を置くか?などの動線を考えて、モノの収納を考えます。

押入

玄関に近い洋室の押入には、お出かけなどに使うモノを使う頻度を考えて収納します。

下段は、季節の家電とタンスの上に積み上がっていたおもちゃを収納しました。
下の子が動きまわり始める前に、上の子のおもちゃを押入の中に収納。これで下の子が散らかさないですみますね。

IMG_3811

モノが積み上がっていたタンスは、移動させて寝室のクローゼットの中に入れました。
クローゼットの奥に入れたタンスには、オフシーズンのモノを収納しました。

IMG_3810

タンスの手前にオンシーズンの掛ける服を収納しました。
これで、奥様の服は寝室にまとまりました。

あちこちにモノがあると、わかりにくく探したり、使わないで過ぎてしまったりします。
動線を考えてまとめることで使いやすい収納が生まれます。

お客様の感想

育児で使う抱っこひもや、かばんをその辺に置きっぱなしにすることなく、快適に過ごしてます。
家電も押入に収まり、掃除がしやすくなりました。

子供もキレイになった子ども部屋で1人で遊ぶようになり、とても楽しそうです。
あとは、キッチンを少しずつ自分でやってみようと思います。

思い切って大原さんにお願してみてよかったです。これからも悩めるママさん達を助けてあげてくださいね。

 

※コンサルPlus+ワーキングサービスご利用
※掲載許可を頂いているかたのみ写真・内容を掲載させて頂いております。

整理収納サービス初回限定サービス詳細へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

おすすめ記事

  • 現状のお悩み 20代の女性、おしゃれが大好きだけど、服やカバンがいっぱいになって部屋の中にあふれてしまっています。 どこに置いたか忘れてしまって、せっかく買った服が活かされない状態です ...

  • 現状のお悩み お子さん4人のお宅。 小学生のお子さんの机のまわりや、おもちゃが毎日散らかっていて、ママはイライラし「片づけなさい!!」と怒ってばかりいる。 子ども自身が片付けてくれるよう ...

  • 現状のお悩み 小学校4年生と年中の保育園児のご姉弟。 子供本人たちは、キレイなほうがいいし気になるけど、ママがやり方・教え方がわからない。 だからいつまでも平行線。 机のまわりをも ...

  • 片づけやすいのは一番近い場所に収納 我が家では、アイロンの収納場所があちこち変わりました。 それは、使う場所が違ったからです。 今は、写真のように和室でアイロンをかけるので、和室に収 ...

  • 家の顔である玄関 家族が「ただいま」と帰ってくる場所。 そんな家に入ってまずホッとしたい場所が、たくさんの靴や雑貨で囲まれた場所ならどうでしょうか? おうちの顔ともいえる玄関を、ひと ...