現状のお悩み

お子さん4人のお宅。
小学生のお子さんの机のまわりや、おもちゃが毎日散らかっていて、ママはイライラし「片づけなさい!!」と怒ってばかりいる。

子ども自身が片付けてくれるようになって、ママのイライラを減らしたいとのこと。

BEFORE

BEFORE

子どもさんたちに、「これで勉強できるかな~?」と聞いてみると、「できな~い!」と元気よく答えてくれました。「これでいいのかな?」と聞いてみると、「よくない」との答えが返ってきました。子どもでも、片付いていた方がいいということは、きちんとわかっているんですね。

子どもさんたちとモノの分別

分別中

モノを片づけるためには・・・というお話を子どもさんにさせて頂きました。小学生になればみんながわかる当たり前のお話です。そして、要るモノと要らないモノをそれぞれの目線で区別してもらいましたよ。もしかしたら、これは捨てちゃダメでしょ!というモノもあるといけないので、要らないモノとしたものは、ママさんに渡して確認してもらいました。

子どもさんたちは、真剣に区別していました。ここでは性格などがでますね。悩んでしまって、要らないモノになかなかできないお兄ちゃんと、サッサと区別できてスッキリしていく弟。ママさん、とてもビックリしていました。

よくあるのが、この時に母親がいちいち口を出してしまうことなんです。
小学生なら、まずは子どもを黙って見守ることにしましょう。自分で考えて行動するということがとても大切です。

そしてあとからアドバイスを!キチンとできなくてもいいのです。自分で考えて区別してできた!という達成感を味わうことが大事です。これが、おススメです!

After

After

ここの引出しには、何が入ると便利かな?という質問をしながら楽しく収納をしていきました。子どもは子どもの考えがあったり、子どもにとってはここが便利!という視点があります。会話をしながら、引出していくのがコツです。親が一方的に決めてしまうと案外使いにくかったりするので、片づけないということもあります。

自分の机、自分できれいにしたいという気持ちに変化させていくことがとても大切なことです。親子ではついつい・・・ですが、根気よくやってみましょう。

あとは、「片付けなさい」ではなく「元に戻してみようか」というように言い方を変えることも大切です。頭ごなしに言われるより一度キレイにすれば、元に戻す意味もわかり、子どもさんでもできるようになってきます。

お客様の感想

利用して2週間ぐらいたちますが、机のまわりはキレイです。「片づけて」と言うより「元にもどしといて」と言う方が片付けしやすそうで子どもも続けていけそうです。
子どもに感想をきいたところ「ちょっと楽しかった」とのことです。

 

※コンサルPlusご利用
※掲載許可を頂いているかたのみ写真・内容を掲載させて頂いております。

整理収納サービス初回限定サービス詳細へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

おすすめ記事

  • 現状のお悩み 小学校4年生と年中の保育園児のご姉弟。 子供本人たちは、キレイなほうがいいし気になるけど、ママがやり方・教え方がわからない。 だからいつまでも平行線。 机のまわりをも ...

  • 片づけやすいのは一番近い場所に収納 我が家では、アイロンの収納場所があちこち変わりました。 それは、使う場所が違ったからです。 今は、写真のように和室でアイロンをかけるので、和室に収 ...

  • 現状のお悩み 小さなお子さん2人を子育て中のママさんからのご依頼。 ご主人は、平日遅く、休日は予定が多くてなかなか家でじっくり片づけを一緒にできないとのことです。 目が離せない小さな ...

  • 現状のお悩み 20代の女性、おしゃれが大好きだけど、服やカバンがいっぱいになって部屋の中にあふれてしまっています。 どこに置いたか忘れてしまって、せっかく買った服が活かされない状態です ...

  • 家の顔である玄関 家族が「ただいま」と帰ってくる場所。 そんな家に入ってまずホッとしたい場所が、たくさんの靴や雑貨で囲まれた場所ならどうでしょうか? おうちの顔ともいえる玄関を、ひと ...