現状のお悩み

小学校4年生と年中の保育園児のご姉弟。
子供本人たちは、キレイなほうがいいし気になるけど、ママがやり方・教え方がわからない。

だからいつまでも平行線。

机のまわりをもっとスッキリさせて、落ち着いて勉強・そして快適に過ごしたいとのこと。
子供さん本人といざ、レッスン!ミニ講座を受けてもらいました!

ミニ講座

BEFORE

before机の上は、色々なモノがなんとなく置いてある感じ。
元々机の奥行きが広くないので、モノが置いてあると、勉強用具を広げるところが狭くなってしまいますね。だから、とっても勉強がしづらいです。ここは、なるべくモノは置かないほうがいいですね。

ランドセルを中に入れるように決めたけれど、毎日このように床に出てしまっているそうです。出しっぱなしだと片付いていない感じがしてしまいますね。

机のモノは、全部出して仕分け

shiwake

子供を信じて、子どもの目線で仕分けさせます。
「うちの子はできない」とかで、ついつい親が口出したりrしてしまうケースが多いです。以前の記事にも書きましたが、親がついつい口を出してしまうと、子どもは自分で判断できなくなります。

「使う」か「使わない」かでモノを仕分けていきます。

After

after

モノさえ、しっかり仕分ければ、子供って案外すんなり机の中にしまっていきます。

ここでは、引出し1段1段には何を入れるかだけ決めます。文房具、自分の大切なモノ、教科書、本など・・・。

勉強以外のモノは、なるべく置かないようにします、¥。

エリアをしっかり決めて、そこに戻すことができるようにします。

ランドセルがどうしても出しっぱなしになってしまうということだったので、もっとランドセルが使いやすい場所に変更しました!教科書の出し入れもスムーズにいきそうです。

サービスを終えて

早速、あの後マスキングテープで、ラベリングしてました♪
恥ずかしかったけど、親子で素敵な時間を過ごせて、良かったです!(お客様談)

親子でやると、どうしても意見がぶつかってしまいます。
親の一方的な考えで押し付けてしまうケースが多いです。子どもさんの意見もしっかり聞いてあげることがとても大事ですよ。

 

 

※コンサルPlusご利用
※掲載許可を頂いているかたのみ写真・内容を掲載させて頂いております。

整理収納サービス初回限定サービス詳細へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

おすすめ記事

  • 現状のお悩み お子さん4人のお宅。 小学生のお子さんの机のまわりや、おもちゃが毎日散らかっていて、ママはイライラし「片づけなさい!!」と怒ってばかりいる。 子ども自身が片付けてくれるよう ...

  • 片づけやすいのは一番近い場所に収納 我が家では、アイロンの収納場所があちこち変わりました。 それは、使う場所が違ったからです。 今は、写真のように和室でアイロンをかけるので、和室に収 ...

  • 現状のお悩み 小さなお子さん2人を子育て中のママさんからのご依頼。 ご主人は、平日遅く、休日は予定が多くてなかなか家でじっくり片づけを一緒にできないとのことです。 目が離せない小さな ...

  • 現状のお悩み 20代の女性、おしゃれが大好きだけど、服やカバンがいっぱいになって部屋の中にあふれてしまっています。 どこに置いたか忘れてしまって、せっかく買った服が活かされない状態です ...

  • 家の顔である玄関 家族が「ただいま」と帰ってくる場所。 そんな家に入ってまずホッとしたい場所が、たくさんの靴や雑貨で囲まれた場所ならどうでしょうか? おうちの顔ともいえる玄関を、ひと ...