まずは、薬の整理から

我が家の薬類は、飲む薬はキッチンに、そうでないモノはダイニングに収納してあります。
今回は、そうでないモノのほうの整理をしてみます。

今回の整理収納は、主人が行なってみました。私がいつもやっている手順です。
上記は、整理前の薬の収納。カゴが二つに、しかもこのカゴ、離れた場所に置いてありました。 少し動線が気になります。

全部出す

全部だすと、何が多いか少ないかがよくわかります。
今回は、要らないものはなかったとか・・・。

よく使うモノ・たまにしか使わないモノに分ける

薬類の中でも、使用頻度が色々あります。

我が家は、つめきり・体温計・かゆみどめなどの塗り薬は使用頻度が高いモノです。
湿布薬や、ガーゼ・テープ・マスク等はたまにしか使いません。

収める

左下の箱の中が使用頻度が高いモノ。
写真上のカゴの中には、使用頻度が高めのモノもあるが、手前の引出しには高さが足りなくて入?りませんでした。

これらは、こちらの場所に収納です。

子供が届くことを考えると、下の引出しに使用頻度が高いモノを収めます。
そうでないモノは、上のカゴに収めます。二つにわかれたけど、極力近いところに収めました。

?引出しの中身もわかりやすく

今回利用した無印良品の引出しには仕切りがなかったので、中が混在しないように、プラダンを使用。これで、引出しを開け閉めしても混在しません。

まとめ

初めて、整理収納という形で主人にやってもらいました。
減らす→分ける→収めるの手順がわかっていれば、結構スムーズにできるようです。ひとつの箱の中に全てを収めてしまうことが理想でしたが、量や大きさからそういうわけにもいきませんでした。そのような場合でも、いかに使いやすいかを考えて収納することが大事です。

今回は、主人にやってもらってよかったです。分け方というのは、人それぞれ。今回、引出しの使い方や引出しの中の仕切り方など、「へ~そういうふうにするんだ」と思うところも多々ありでした。このように、人によって色々なやり方があり、正解は一つじゃありません。どんなやり方でも、使いやすいということが大事です。

そして、このように家族と一緒に取り組むことで、整理収納に対して家族は意識が高まります。家族の一人だけががんばってもどうしてもなかなか前に進みません。そんな時は、家族と一緒に整理収納をやってみることをおススメします。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。
初めて当サイトに訪れた方、何度か当サイトにお越し頂いている皆様。
当サイトを気に入って頂けましたらRSSリーダーやソーシャルブックマークなどにご登録よろしくお願いします。
RSSフィードってなに?という方はこちらをご覧ください

愛知県の整理収納アドバイザー Smart life style yumi


整理収納サービス初回限定サービス詳細へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

おすすめ記事

  • 書類の整理収納について 家庭の中で、書類というとたくさんあります。保険や税金の書類・水道光熱費の領収書・学校などからのお知らせ等・・・ さらに、 家電類の取扱説明書類など。 ...

  • 子どもの意見を聞いてみましょう 子供部屋を持つようになって、使ってみたら、子供たちと使い勝手はどうか話し合うといいでしょう。親の目線と子供の目線は違います。 話し合いの結果から、模様替 ...

  • 洗面化粧台下収納の実例 箱や棚を使って工夫していますが、ごちゃごちゃしていてどこに何があるかわからなくなっています。 一度全部出してみます。必要・不必要を分けます。使わない入浴剤などが ...

  • 家族が共有で使うモノはわかりやすくしましょう 家族が共有で使う引出しの中。必要なモノを出すのに、とても大変です。整理が必要ですね。 一度、全部出してみましょう 文具類だけが入っているはず ...

  • ついモノを置いてしまいがちな机の上 机の上は、モノを置きやすい高さであったり、ついモノが置かれてしまうスペースになりやすい場所です。乱雑にならないように、一時保管として、上のようにカゴを設け ...