ことしの夏は、猛暑続きだったせいか、30度を超えていても、涼しいと思える日が続いています。

我が家は、リビングにエアコンがあるので、夏休み中の子どもたちは勉強も寝るのもすべてリビング。

だから、リビングが常に散らかる、汚れる状態になっています。

掃除を少しでも怠れば、大変なことに!!

でも、忙しかったり、子どもたちもそれぞれがいっぱいいっぱいになると、なかなか手伝うこともままなりません。

ということで、やらなきゃ!なんですが・・・

 

どちらが自分のやる気を押してくれるのでしょうか?

*溜めてしまうと大変!だからやらなきゃ!

*やれば、スッキリ気持ちがいい!

どちらがやる気を引き起こすかというと・・・

後者ですよね・・・。

片づけも、掃除もやる気のスイッチと、モチベーションがとても重要です。

私は、元々片づけ上手でも、好きでもありませんでした。

でも、この講座を受けることで、片づけをしたい、やらなきゃ!と思えたこと、

が、よかったのです。

整理収納は、どの分野でもキホンです。

これを知ってるか知らないかで、人生大きく変わってきます。

片づけ苦手な人も、得意な方でも、住宅業界のお仕事をされている方、

たくさんの方がご受講して下さってます。

2018年内の予定はこちら!


「整理収納アドバイザー」の2級資格は、1日で資格取得できます。

片づけが苦手な方はもちろん、最近では建築業・インテリア業の方、その他職場での整理収納に活かしたいと、様々な業界でも注目されております。

本講座では、人の行動導線やモノの使用頻度を考えた整理収納の考え方、限られた空間を広く利用するコツなど、ケーススタディーを交えながら学び、整理収納の基礎を理論的に学ぶことができます。

<カリキュラム>

1. 整理について考える
2. 整理収納を促進させる5つの法則
3. 人とモノとの関係
4. 整理を妨げている要因 <ケーススタディ>
5. グループ演習
6. 整理収納アドバイザー認定テスト

<認定概要>

受講料 :23,100円(税込) ※教材費・認定料含む
受講時間 : 9:30~16:30
資格有効期限 :特になし
受験資格 :特になし 誰でも受講頂けます
認定証 :受講後1ヵ月後に郵送にてお送りいたします

<注意事項>

・途中退席された場合は整理収納アドバイザー2級認定はされませんのでご注意ください。
・2級認定講座はほぼ100%の合格となります。
・個人情報の観点から録音、録画等は固くお断りしておりますので予めご了承ください。

開催日 2018/9/5(水)  9:30~16:30
2018/10/17(水)  9:30~16:30
2018/11/11(日) 9:30~16:30
2018/12/16(日) 9:30~16:30
場所 9/5(水)・11/11・12/16 (日):ルネック勝川
【住所】 愛知県春日井市松新町1-4
【場所詳細】こちらから
【アクセス】JR中央線勝川駅 徒歩1分
10/17(水):IMYビル
【住所】愛知県名古屋市東区葵3-7-14
【場所詳細】こちらから
【アクセス】JR中央線 千種駅徒
講師 大原友美
受講料 23,100円(税込)※教材費・認定料含む
定員 10名(最少催行人数3名)
お問い合わせ お問合せフォームへ
お申込み お申込フォームへ

整理収納アドバイザー2級認定講座お申込みフォーム

Smart Life Style主催講座及び企業様主催の講座の共通申込フォームです。

※このフォームはSSL暗号化通信に対応しております。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

おすすめ記事

  • 「古堅式!片付けワークブック」 いくつもの収納に関する本があります。私もよく買って真似してみようと試みましたが・・・。できない。 なぜかというと、収納本はBefore&Afte ...

  • 子供部屋の収納について 我が家は、子供部屋を2部屋を仕切らず1つの部屋として確保しました。将来どのように使うかわからないため、とりあえず、それぞれの部屋としても使える用にドアやコンセントなど ...

  • 愛知県内のイオン・アピタ・ピアゴ各店と他にもいろんな店舗に設置されているフリー雑誌です。 愛知県内のお住まいの方、是非手にとってご覧ください。 今月号(9月号)は「自分らしく暮らす ...

  • カトラリーの収納について カトラリーには、スプーンやフォーク、はし等のものがあります。このように混ざり合って入っていると、欲しいものはすぐにだせませんね。 要・不要を分ける 一度、全 ...

  • 小牧市のカフェ 「カフェ・ド・ノイエ」様にてセミナーを開催しました。 整理収納のキホンのお話をしました。 「いつか」「たぶん」使うかも・・・、という言葉に、みなさん気づきを感じ ...